バテイに関するプロジェクト (Project for BATEY) | 一般社団法人 日本・ドミニカ共和国友好親善協会

バテイに関するプロジェクト (Project for BATEY)

2017.11.19

【お知らせ】本年9月23日付けブログにて紹介させて頂きましたドミニカ共和国の観光情報を集めたサイト「Viento del Caribe(カリブの風)」にて、この度「Project for BATEY」というプロジェクト内で企画されたチャリティキャンペーンが始まりましたので、ご紹介させて頂きます。バテイ(Batey)とは、主にハイチ出身者を中心にドミニカ共和国の最貧困層が住むスラムの様な地区です。バテイでの生活環境は凄まじく、電気、水道、下水、ガスなどの基本インフラが整備されていないほか、住民は基本医療サービスや基礎教育を受けることも出来ないので、将来の展望を描くことが出来ず、様々な犯罪の巣窟になっています。バテイは、ドミニカ共和国内の貧富の格差や絶望を象徴する存在ですが、政府も具体的な解決策を提示するに至らない、“忘れられた”場所とも言えます。

そこで、今回JICAボランティアとして、現地バラオナ県に滞在されている内記真美さんが中心となって、「Project for BATEY」を立ち上げ、バテイでの生活環境を少しでも良くするための活動を始めました。具体的には、日本プロ野球の第一線で活躍されている、またはされていたドミニカ共和国出身の選手(リカルド・ナニータ選手:元中日ドラゴンズ、マニュエル・ソリマン選手:読売ジャイアンツ)や現地アーティストの協力を得て、チャリティTシャツを制作し、日本で販売します。その売上金額の一部(収益のすべて)を使い、貧困地域の中でも特に社会問題化されている地域、総称バテイに住む子供たちに野球用具を寄付する予定です。本プロジェクトを通じ、バテイに住む子供達に野球をしてもらうことによって、将来は野球選手になるという「ドミニカン・ドリーム」を体感する、または日々の厳しい生活の中から少しでも明るい道を見つけてもらうためのきっかけにしたいと考えています。

日本の皆様には、バテイの存在とその貧困問題を知って頂き、バティにおける深い社会問題の解決に向けた一歩を踏み出すべく、是非とも本プロジェクトへのご賛同を賜れば誠に幸いでございます。

「バテイ」の現状については、こちら、プロジェクトの概要はこちらをご参照下さいませ。なお、チャリティTシャツのご購入(27チャリティT-シャツ)はこちらからお願い申し上げます。また、本件のお問合わせはプロジェクト担当(charity@vientodelcaribe.com)もしくは、当協会(info@dominico-japonesa.or.jp)までお問い合わせ頂けますようお願い申し上げます。

 

【Aviso】Estamos muy alegre para compartir con ustedes una campaña de caridad, una parte del Proyecto para BATEY en la página de VIENTO DEL CARIBE, que hemos introducido en nuestro blog en 23 de Septiembre.  El objetivo de esta campaña es informar a la mayor cantidad de personas en Japón de la pobreza en los bateyes, y una de las formas para abordar el problema, es generar un ingreso a partir de la venta de camisetas de caridad con la ayuda de jugadores del béisbol influyentes famosos en Japón y República Dominicana (por el Sr. Ricardo Nanita, ex-Chunichi Dragons y actualmente en Águilas de Cibaeñas y el Sr. Manuel Soliman, Yomiuri Giants y actualmente en Giantes de Cibao) para apoyar el equipo de béisbol, la educación y la vida de los niños en los bateyes.

La página de la camiseta de caridad「27」está en la página web VIENTO DEL CARIBE que publica información turística de la República Dominicana en las lenguas japonesa y español.  Para que más gente se vuelva consciente del problema de la pobreza en los bateyes, y servir como apoyo para mejorar la calidad de vida de sus residentes, esperamos el éxito de esta campaña con la colaboración de ustedes.

El proyecto ha sido dirigida por la señorita Mami Naiki, una voluntaría japonesa de JICA que está activa en a provincia de Barahona con sus compañeros japoneses y dominicanos.

Acerca del artículo de los batayes, clic aquí.  Acerca del proyecto, clic aquí.  Para la compra de las camisetas y la colaboración al proyecto, clic aquí, por favor.  Si tienen preguntas, escriben a: charity@vientodelcaribe.com o info@dominico-japonesa.or.jp.  Muchas gracias por sus atención y colaboración.

サブメニュー(タッチすると開きます)

top