パネルディスカッション「ラテンアメリカの女性たち」 | 一般社団法人 日本・ドミニカ共和国友好親善協会

パネルディスカッション「ラテンアメリカの女性たち」

2016.07.15

パネルディスカッション「ラテンアメリカの女性たち」

2016年3月15日、セルバンテス文化センターで、「ラテンアメリカ21世紀の社会と女性」(新評論社)の出版と国際女性デーを記念し、「ラテンアメリカの女性たち」のタイトルで、パネルディスカッションが行われました。本書の著者の一人でもある当協会の山田望未理事がドミニカ女性の社会進出における現状について、日本との比較を含めたプレゼンテーションを行いました。

本イベントは、在京ドミニカ共和国大使館が主催し、当日は国会議員、日本政府、NGOの方々をはじめ、各国大使館、出版・メディアから多くの関係者様が参加され、大盛況でした。

En 15 de marzo, una discusión de paneles, se llamaba “Mujeres Latinoamericanas” se llevó a cabo en Instituto Cervantes Tokio para celebrar la publicación del libro “La Sociedad Latinoamericana del Siglo XXI” y el Día Internacional de la Mujer. Sra. Nozomi Yamada, directora de la Asociación y una de los autores del libro, presentó acerca de la situación de la participación a la sociedad por mujeres dominicanas, incluido la comparación con el caso japonés.

La Embajada Dominicana en Tokio patrocinó el evento y había números de participantes como; el gobierno japonés, incluido diputados y senadores, ONG, varias embajadas en Tokio y las prensas.

関連記事:Embajada dominicana en Japón y el Instituto Cervantes promueven igualdad de géneroUn estudio nipón señala que América Latina lidera la lucha contra la brecha de género

パネルディスカッション「ラテンアメリカの女性たち」

パネルディスカッション「ラテンアメリカの女性たち」

パネルディスカッション「ラテンアメリカの女性たち」

サブメニュー(タッチすると開きます)

top