大分大学森教授ご一行と、在京ドミニカ共和国大使館を訪問 | 一般社団法人 日本・ドミニカ共和国友好親善協会

大分大学森教授ご一行と、在京ドミニカ共和国大使館を訪問

2016.07.15

大分大学森教授ご一行と、在京ドミニカ共和国大使館を訪問
2016年4月14日、在京ドミニカ共和国大使館まで、大分大学森教授(とそのドミニカ人の奥様)及び中山教授にお越し頂き、エルネスト・トーレス=ペレイヤ公使参事官とお会い頂きました。大分大学医学部は過去27年以上にわたり、ドミニカ共和国における消化器系疾患に対応する医療機関(消化器疾患センター)及び同疾患の治療や画像診断のための教育機関(日・ドミ共医療友好センター)の立上げから運営まで一貫して関わって来られました。

現在両センターが位置するアイバール総合病院は改築中ですが、今後も大分大学はドミニカ共和国に対する医療協力を継続して行く予定であり、ドミニカ共和国政府もこの長期間に渡る「国際協力」に、全面的な支援を惜しまないとのことです。

Era gran honor para introducir Dr. Mori (y su esposa dominicana) y Dr. Nakayama de la Universidad de Oita a la Embajada Dominicana en Tokio. La universidad ha contribuido al establecimiento del Centro de Gastroenterología y CEMADOJA (Centro de Educación Médica de Amistad Dominico Japonesa) que han sido instituciones principales en el hospital Luis Aybar para el tratamiento de la enfermedad de la sistema digestivo y la educación de dicho tema a los doctores y estudiantes médicos en la República Dominicana por últimos 27 años. La universidad va a continuar sus ayuda y colaboración con la República.

関連記事:CEMADOJA amplía sus servicios: Pone en funcionamiento moderno laboratorio
関連サイト:Centro De Gastroenterología De Santo Domingo

サブメニュー(タッチすると開きます)

top